folcart RSS

フォーカート採用情報
ホーム > folcartの旅日記 > ご褒美研修旅行【ドイツ】③
2018/12/25 13:04

ご褒美研修旅行【ドイツ】③

朝8:00フランクフルト中央駅前発

ヨーロッパバスを利用して

「ロマンチック街道1日縦断の旅」

の始まりです。

フランクフルト―ヴュルツブルク―ローテンブルク-ヴァイカースハイム―ディンケルスビュール―アウグスブルク―ヴィース教会-ホーエンシュバンガウ―フュッセン が立ち寄る都市です。

なかでも心に残ったのはヴァイカースハイム。

すでに城主の居ないお城が残っているのですが、地元のボランティアで運営して見学ツアーを行っていました。

中は撮影禁止でしたが、中世にムラーノ島から運んだという巨大な鏡、様々な壁画など見ごたえ十分でした。

べルサイユ城を意識して建てられたそうですが、ここのお庭は一見の価値ありです。

3頭身の石像?と思ったらどうやら妖精さんらしく。

いろんな妖精さんがいます。

この庭は妖精の庭なのです。しかも可愛らしいものでなく、リアルな生活感のある妖精。

それがベルサイユ風の庭園に不思議な空間を作り出していて、見るものを魅了します。

今回の旅で1番心に残った町、ヴァイカースハイムでした。

 

バスはそれぞれの町に30分から45分停まりながら、終点も近い「ヴィース教会」へ。

ずいぶん昔に世界遺産登録されたためか、閑静な場所です。

ここではロココ様式の教会内部を見ることができました。

圧巻ながら、癒される色調の壁画。ロココ~。

 

ヴィースを出ると辺りはすっかり暗くなりましたが、21時になんとかフュッセンのホテルへ到着。

そして、いよいよ・・・

 

このお城!!!(ノイシュヴァンシュタイン城)

旅の疲れもなく、山頂のお城まで全員登山。

眼下に広がる美しい景色にため息がでます(登山による息切れではありません)。

ノイシュヴァンシュタインはバイエルン王ルードヴィヒ2世が建てたお城。ものすごく有名なので省きますが、様々なドラマを想像して胸が熱くなりました。

 

私は吊り橋からお城とツーショットの自撮りに成功しました。

 

しかし今回我々を魅了したのは向かいの山に建っている「ホーエンシュバンガウ城」でした。

建てたのはルードヴィヒ2世の父・マクシミリアン2世。

かつてこの地を訪れたマクシミリアン2世は、この景色の美しさを気に入り、ここにあった古城を買い取って現在の城を建てたそうです。

城内は撮影禁止ですが、お城の窓辺からの景色は「ここが撮影スポットですよ」と案内の方が示してくださいました。

中世にタイムスリップしたんじゃ?!と思うほど美しい景色です。。。

この景色を目に焼き付けて、帰国の途につきました。

ドレスデンクリスタルやキャンドルホルダー、ビールジョッキ、ご当地Tシャツなど私たちにとって興味深いものに触れる機会が多く、楽しく有意義な研修旅行となりました。

ドイツが大好きなので、説明が長くなってしまいました。

最後にドイツ鉄道利用中に配られたお菓子の写真を載せます。

かわいくてドイツらしいおやつにほっこりしました♡

 

國廣奈央

硝子工芸品事業部 商品企画

プロフィール

新着記事
アニマル缶新商品
韓国釜山2泊3日 漢!!!(オトコ)韓国の山登…
先日のオリジナル板額イベント☆
秋葉原催事最終日です
8月10日イベント開催♪
韓国釜山二泊三日旅行記
石垣島に八重山営業所ができました!
ガラスのワークショップ開催☆
アメリカ西海岸7日間旅行記 第四巻
アメリカ西海岸7日間旅行記 第三巻 
アメリカ西海岸7日間旅行記 第二巻
アメリカ西海岸7日間旅行記 第一巻